多読、時々雑記。

多読をしながら英語、中国語の語学学習をする人の雑記ブログ。

本の感想『優劣のかなたで読みひたれ 楽しい英語「多読」入門』

今回は、英語の多読のやり方についてのハウツー本である『優劣のかなたで読みひたれ 楽しい英語「多読」入門』(著 林剛司)についての内容のまとめ及び感想を述べたいと思います。

本書は幼少期から多読で英語を培ってきた英語教師である筆者の立場から見た、洋書の多読のメリット、重要性、やり方を説いています。

 

 

【目次】

○本書の内容のまとめ

・日本の英語教育法における問題点

 1.精読・和訳のせいで「量」が少ない

 2.文法訳読・文法にこだわってはダメ

 3.単語の丸暗記はダメ

・SSS式多読法

○本書の感想

 

○本書の内容のまとめ

・日本の英語教育法における問題点

1.精読・和訳のせいで「量」が少ない

筆者は日本の英語授業での、一文一文の意味や構造を把握した「精読」の上での「和訳」する方針に問題があると主張。それはつまり、

英語を英語のまま理解することを阻害し、

英語を頭の中で一度日本語に訳す

という思考回路ができあがってしまうのです。これは英語を話す時に咄嗟に言葉が出ないでどもってしまったりする大きな原因でしょう。

また日本の学校では、英語を「精読」してしまうせいで必要以上の時間が掛かり、総じてみると結局

高校3年間でペーパーバック1冊にも満たない量

しか読んでいないことが判明したそうです。

さらにこのような指導法が原因で、日本の生徒は「和訳」を気にし過ぎている傾向にあるといいます。

 そこで筆者は「和訳先渡し授業」というものを行っているそう。名の通り、英文の全訳が書かれたプリントを先に渡して内容を把握してもらってから、英文をざっと読んでもらう流れにする手法です。英文の解読・精読→和訳、ではなく、和訳→英文の読解と逆にすることで掛かる時間を短縮し、より英文多読のために時間を割いてもらいたいということです。

しかしこの授業のやり方は完璧ではない、従来の日本の「精読」する勉強法よりはマシであるといったレベル、と筆者は考えており、やはりどんどんより多くの量の英文を継続してひたすら読んでほしいとのこと。

 

2.文法訳読・文法にこだわってはダメ

あなたはかつて、もしくは今、定期試験直前の勉強法として、

日本語訳を覚え、その次には新出単語を(発音や使い方にはまったく着目せずに)(中略)丸暗記しようとして

はいないでしょうか。また、

和訳問題でよい点数を得るために、下手な和訳をしてはいけないと思い、授業で先生がいった「模範的な」和訳を丸暗記し、そのまま解答用紙に書こうと

してはいませんか。

これは一文一文の文法に着目してその英文の意味を解読するような典型的な日本の英語教育法における「文法訳読方式」がそうさせているのです。これでは一向に英語の力がつくことはないと筆者は述べています。文の構造や単語の意味を吟味するより、むしろ「直読直解」「直聴直解」を目指すべきである、と。

日本人は必要以上に文法に重きを置いています。英文法を習得することは、多読をすることでも解決できる、より多くの簡単な英文から読むことで、次第に一定の必要な英文の構造のルールは見えてくるのです。

 

3.単語の丸暗記はダメ

私自身もかなり心当たりのある勉強法でありましたが、多くの人が資格検定に向けてそこに出てくる頻出単語集を買ってはその文字の羅列を丸暗記しています。筆者はこの勉強法には短期記憶としてだけ残るかもしれないが長期記憶として残るわけではなく、効果的なものではないとし、推奨していません。

さらに、英語学習の過程における初期段階ではある程度単語の意味をひたすら暗記し、それから多読していけばよい、という考えにも賛同しかねています。

やはりここでも、とにかく筆者は洋書の「多読」を推奨しており、文法も単語の知識もそんなになくてよいから、とても簡単な(例えば絵本など)洋書をひたすらぶっつけでどんどん読み進めていくべきだと言うのです。

それは、簡易なストーリーやそこに描かれている挿絵から英文の意味を推測することができるからです。いちいち律儀に新出単語の意味を調べることよりも、文脈からその単語の意味を推測していくことが大事である、と。

英語が上達した人たちに共通する特徴は、曖昧さを受け入れることです。 

 

・SSS式多読法

では、最終的に筆者はどのような多読法をオススメしているのでしょう。

それは、「SSS式多読法」です。SSSとは、"Start with Simple Stories"のことで、とにかくとても簡単な内容の洋書から読み進めていくというもの。そこには基本的なルールが設けられており、

1.辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)

2.わからないところは飛ばして前へ進む(わかっているところをつなげて読む)

3.つまらなくなったら止める

という以上の3点が大事であるそうです。

このルールを念頭に置き、筆者は本書の後半で多くの多読における良書を紹介しています。

 

○本書の感想

私はこの本を読んで、ドキッとしたことが多くありました。なぜなら筆者が問題提起している日本の英語教育法の具体例がほぼ、私自身の中学・高校時代の経験にあてはまったからです。あなたはどうでしょうか。

また、そこから派生して自分の独学の勉強法(単語丸暗記など)もいかに誤ったものであったか、最終的には非効率的なものであったのかということを学びました。

とにかく英語の勉強法の最良策は、「多読」の一択であることを痛感しました。

ただ本書を読んで気になったことは、筆者は前半において、英文を読み、音読し、それを実際に書いてみる、ことが重要とさらっと述べているのですが、音読と筆写の点においての詳しい解説や実体験はなかったことです。

しかし、その点はさておき、これほどまでにこれから多読をしようとしている人、もしくはもうすでに多読をしている人にとって、励みになる本はないと思われます。英語以外の語学を学習している人にもいろいろと参考になる本です。

本書の内容に少しでも共感できた方、そしてその筆者の紹介する洋書がどんな本なのか気になった方は、一読してみてはいかがでしょうか。

 

本の感想『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』

洋書をこれからも多読していく上で、前から読もうと思っていた本を読んでみました。

その本のタイトルは『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』です。

 

この本は純粋に英文を読む上でのコツが書かれた本なのですが、

TOEIC800点代を右往左往してるいわゆる中級の英語学習者の私にとっても、英文の捉え方の発想の切り口が斬新な本だったので感想を載せたいと思います。

(※本自体は、元々初級者から中級者がターゲットです。また筆者は、たくさん本を読んで自然と蓄積されていった知識を基に英語を使っていきなさい、という主旨の考え方をしています。英語の長文暗記に賛同している方には、一部違和感を感じる意見だと思うこともあるかと思います。)

 

本の内容構成の流れ

日本の英語教育の問題点について

英語そのものの仕組みについて

その仕組みを基に英文を読む

英文の知識の応用編

 

という流れになっています。

 

 

日本の英語教育の問題点

筆者は日本の英語教育において、

 

やれライティングだ、やれリスニング、ヒアリングだ、やれ文法だ、英会話だ、

 

と英語という一つの言語を更にジャンルごとに細分化していることに問題があると指摘しています。

 

やはり、英語は英語なのです。「英会話」というジャンルも「ヒアリング」というジャンルも存在しないと私は思います。あえてあげるとすれば、英語を学ぶということは、英語を「読む」ということです。私の周りにいる英語が「できる」人というのは、例外なく英語の文章をたくさん読んでいる人です。(p.15)

 

そんなこんなで多読を推奨しています。

 

筆者自身、渡米して英語がマストな状況下に立たされて必死と辞書を傍らに洋書にかぶりついていたと述べています。

読むことで蓄積されていく記憶(「無意識の記憶」と筆者は言う)が大事なのだと。

 

その「無意識の記憶」の積み重ねが、筆者の出した英語の勉強法の答えなのです。

つまり、英語を話すということは、

「無意識の記憶」の中にある英文の中から、自分の言わんとすることに適したものを抽出して少しアレンジして読み上げている

と言っているわけですね。

 

それなのに日本の英語教育の過程において、なぜか洋書を丸々一冊読むということをしない傾向にあります。

日本では「読む」という「実践」を経験させることなく、英語のできる人間を作ろうとしています。(p.18)

 

 

英語の仕組み

 この本では、一つの英文の中には必ず主役と脇役が存在するとして、

その2人の役者が演じるお芝居のようなものである、と解説しています。

 

その観点から英文を読み解くイメージの絵が何点か掲載されているので

とても頭に入りやすく分かりやすいです。

 とにかく大事なことは、

主役と脇役がいて

その2人の間で繰り広げられるお芝居の中身は主役から脇役へと右向きに表される

のだということ。

 

このイメージを基盤に、どんどん他の情報を後ろに肉付けしていけばいいのだそうです。

 

そこで重要なのは、あくまでも英語にとって大事な部分は、

 

主役と脇役の芝居の基本のイメージ

 

であり、

肉付けは肉付けでしかないところ。

 

この後は、

 

その肉付けされる情報の種類にはどんなものがあるか

 

主役と脇役は具体的にどんなものが演じられるのか

 

その2人の役者が右向きにどんなお芝居をするものなのか

 

などが述べられています。

 

 

英文を読む実践

中盤から後半にかけては、

英文を実際に一緒に精読していく実践編が書いてあります。

 

文に区切りをつけたり、

 

どの単語が右向きの芝居内容かを判別したり、

 

上記の基本のイメージがどうアレンジされているか考えたり、

 

といった具合です。

 

ここで基本形イメージを意識した上で英文を読む時に、筆者は時には「無視するという選択」を取るように言っています。

 

「本を読む」のはあくまで楽しんで読書をするためです。それはどんな本でも変わりありません。分からない単語があったときでも、できるだけ辞書を引かずに文章の流れを追ってみましょう。(中略)

繰り返しになりますが、基本形の部分以外は分からなくてもいいのです。(p.76)

 

要するに、主役と脇役の2人の役者がどんな行動をしたのかさえ把握すればオッケーということですね!

 

残りの意味のわからない単語等は、

前後の文脈から意味を妄想して類推してなんとなく導き出したりしてどんどん読み進めてしまおう、と。

 

 

感想

思い返せば、英検やTOEICなどの資格に向けての勉強として、その過去問に出てくる文法や単語などをメインに読んで勉強してきたことがありましたが、

 

その当時、洋書を読んだりはしていなかった

 

です。

日本の英語教育法が染み付いてしまっていた結果なのでしょう。

 

かなり日本式のやり方で英語を勉強してきているから、TOEICは900点代に乗せられない、英検は準1級止まり、中級者から上級者への関門を打破できないのだと実感しました。

 

でもある日を境に、ふとオーディオブックの存在を知りました。

そこから、急に洋書への興味が湧き、最終的には

 

多読して原書の活字を追いながら、オーディオブックで多聴して音読する」 

 

ことが語学上達への近道だと気付きました。(英語を習い始めたときから知っておきたかった・・・)

 

このビッグ・ファット・キャットの本を読んで、俄然多読を頑張る気力が湧いてきました。

これから少しずつ多読を重ねていきながら、原書のレビューなどをしていけたらいいなと思います。

英語学習・オーディオブック audibleとaudiobooks.comの比較

私は、英語を学習するうえで洋書を多読し、その際にオーディオブックを活用することが多いです。多読しながら多聴しています。

アメリカの大手のオーディオブックサイトは今のところ、

・audible

・audiobooks.com

の二つあるのですが、日本ではaudibleの知名度のほうが圧倒的に高いのではないでしょうか。

今回、audiobooks.comのほうの評価を検索してもなかなか見つからなかったため、

なるべく安く求めている書籍のオーディオブックを手に入れるにはどちらがいいのか、検証・比較してみました。

検証項目は、価格蔵書数の二つです。

 

価格(1ドル=約110円とする)

・audibleの場合

1冊/ヵ月 $14.95/月(約1,650円) →すべての本の中から1冊購入&さらに初月特典として1冊ゲットできる

2冊/ヵ月 $22.95/月(約2,530円) →すべての本の中から2冊購入できる(1冊あたり約1,262円)

12冊まとめ買い $149.50(約16,450円) →すべての本の中から12冊購入できる (1冊あたり約1370円)

24冊まとめ買い $229.50(約25,250円) →すべての本の中から24冊購入できる(1冊あたり約1,050円)

また、audibleでのオーディオブック1冊の最高価格は$14.95(約1640円)でそれ以上の価格のものはない。

・audiobooks.comの場合

1冊/ヵ月– $14.95/月(約1,640円) →すべての本の中から1冊購入&さらに初月特典として1冊ゲットできる

2冊/ヵ月 – $22.95/月(約2,530円) →すべての本の中から2冊購入できる(1冊あたり約1,262円)

うーん、一ヵ月に数冊程度購入する場合は、価格の面で全く同じですね。audibleのほうが、大量購入する予定のある人にはいいでしょう。

②特別価格プラン

audible

$22.38(約2460円)/3か月 →最初の3か月間どのオーディオブックも3冊まで半額の1冊$7.49(約820円)で購入でき、その後4か月目から$14.95/ヵ月(約1640円)のレギュラープランになる

③蔵書数

audibleの場合 15万冊以上

audiobooks.comの場合 4万~5万冊以上

audibleの圧勝ですね。

結論

安く、かつ自分の求めている本のオーディオブックを手に入れることのできる確率の高いほうは断然にaudibleです。

また、元々洋書を多読することが習慣の一部になっている人(購入したいオーディオブックの数が二桁ほどある人)は、

 

1、あらかじめ気になっている本をできるだけリストアップしておき、

2、audibleのサイトでその本のオーディオブックがあるか片っ端から検索し、

3、そのヒットした数がまとめ買いするほどあれば、

4、audibleのまとめ買い(12冊プランか24冊プランか選択)をする(さらに、音源を自分のMP3プレーヤーに録音しておく)

 

のがいいと思います。

 

もしも1冊だけ試してみたい人は、純粋にFree Trialを試してすぐに解約するのがいいです。

ただ!もしも3冊までは試してみたいと思う方は、audibleの特別価格プランを選択したほうがお得です。

なぜかというと、もしFree Trialからのレギュラープランで始めた場合、

1冊目 0ドル

2冊目 14.95ドル

3冊目 14.95ドル

→合計 0+14.95+14.95=29.90ドルの費用が掛かります。

 

一方、3か月間の特別価格プランを選択した場合、

1冊目 7.49ドル

2冊目 7.49ドル

3冊目 7.49ドル

→合計 7.49×3=22.47ドルの費用が掛かります。

 

特別価格プランを最初から選択してしまったほうが、

29.90ドルー22.47ドル=7.43ドル(約820円)もお得なんです。

 

なのであなたの求めるオーディオブックの数が、

まずは1冊だけ なのか

まずは3冊まで なのか

もう既に12冊以上 なのか

そこをよく考慮したうえで購入してほしいと思います。